Carl Zeiss使い初め

開放の1.4から絞っての使い勝手などを試してみた。
本当はNIKONで使いたいのだけれどレンズ付きコバータしか使えず、あまりいい評判もないので、どんなレンズでも使えるマイクロフォーサーズカメラにアダプターを取り付けてマニュアルで撮影しています。

絞り側はレンズで設定してシャッタースピードをカメラで決め、フォーカスはもちろんマニュアルなのでレンズをまわして合わせるのですがAFに慣れているのと老眼なのもあって疲れますね。

ただカメラ側でもピントが合った場所には色がつく機能は働くので多少は約に立ちます。
相変わらずISOは固定で120にしています。

しっかりとフォーカスしてもエッジが立たずソフトに処理されるZeissの感じは予想通りでした。
このカメラ(Panasonic GX7)の常用レンズになりそうです。

曇り空と雨が続いているので、晴れた日に絞った状態の写真にもトライしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です